2024/07/09
アプリ同士の連携方法

【ノーコード連携!】AsanaとChatworkを連携するメリットと連携方法についてご紹介します

m.sekiguchi

目次

AsanaとChatworkを連携するメリット

プロジェクト管理ツールとして人気の高いAsanaとチャットツールを連携すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?
今回は、AsanaとChatworkを例にしてご紹介します。

1.コミュニケーションの効率化
Asanaのタスク管理とChatworkを連携することで、コミュニケーションが一元化されます。
Asanaのタスク状況をChatworkにリアルタイムに通知することで、チーム内で情報を共有しやすく、情報の見逃しを防ぎます。
また、Asanaのタスクに関する確認もChatworkで気軽に行えるため、効率的なコミュニケーションが実現できます。

2.タスク管理の効率化
Asanaでのタスク進捗がリアルタイムにChatworkへ通知されたり、Chatwork上でのやり取りからAsanaへタスク生成も可能となります。
それにより、タスク管理が1つのツールで完結し、AsanaとChatworkそれぞれでの管理が不要となります。

3.情報の一元化
AsanaとChatworkのタスクが連携することで、情報が散らばることなく集約されます。
それにより、プロジェクトの進捗状況が可視化でき、チーム内で最新の情報を共有することができます。

4.通知の最適化
Asanaでタスク登録や重要な更新があった場合、Chatworkで通知することで、すぐに確認や対応ができます。
タスクの期日が近づいた場合にアラートをChatworkで通知することで、重要なタスクの見逃しを防ぎます。

AsanaとChatworkを連携するとできる業務自動化例

では、実際にAsanaとChatworkを連携するとどういった業務を自動化できるのでしょうか?

1.タスクの作成・通知
Asanaでタスクが発生した際に、自動的にChatworkへ通知されます。
特定のメンバーに通知したり、任意のグループを設定することも可能です。
また、タスクの期限が近づいた際にアラートをChatworkで通知することも可能です。
重要なタスクを忘れたり、変更内容の見逃し防止に大きく貢献します。

2.タスク完了時の自動通知
Asanaでタスクが完了した際に、Chatworkで完了報告を自動的に通知することが可能です。
また、Asana上でタスクのステータスが変更された場合にもChatworkへ通知する設定ができます。
Chatwork上で常に最新のタスク状況が把握でき、チーム全体の情報共有に役立ちます。

3.プロジェクトの進捗状況の共有
Asanaプロジェクトの進捗において、一定のポイントに達した場合にChatworkへ通知することができます。
また、毎週もしくは毎月など特定の期間ごとに、Asanaのプロジェクト進捗状況をChatworkへ通知することで、進捗レポート作成などの進捗報告に関する手間が省けます。

AsanaとChatworkの連携フローの作り方

AsanaとChatworkを連携すると、様々な業務が自動化されるだけではなく、プロジェクトを進めていく上で、タスクの見逃しや漏れを防ぐこともでき、効率的なプロジェクト管理に大きく貢献してくれます。

では、実際にAsanaとChatworkの連携方法をご紹介します。
今回は、Asanaでタスクが完了したらChatworkに通知するフローを作成していきます。

はじめる前に

まず、Yoomアカウントをお持ちでない方は、Yoomのアカウント発行ページからアカウントを発行してください。30秒で始められます!
また、Yoomの基本的な操作は、初めてのYoomを参照してください。

STEP1 Asana、Chatworkをマイアプリに追加

1.Yoomにログイン後、左欄にある「マイアプリ」を選択し「+新規接続」を選択してください。

2.マイアプリの新規接続一覧の中から、今回使用する「Asana」「Chatwork」を選択し、アプリを連携して下さい。アプリ名で検索も可能です。
 (画像はAsanaの連携となります。Chatworkも同様に行ってください。)  

3.Asanaのアカウント情報を入力し、マイアプリ連携が完了します。

4.連携が完了したら、フローボットを作成していきます。左欄のプロジェクト一覧から任意のプロジェクトを選択し、「+新規作成」をクリックします。

5.任意のタイトルを入力します。

STEP2 特定のプロジェクトのタスクが完了したら起動するトリガーを設定

1.「特定のアプリイベントを受信したとき」選択します。

2.連携するアプリを選択します。
   今回はAsanaよりイベントを受信するため「Asana」を選択します。

3.アカウントを選択し、トリガーアクションは「特定のプロジェクトのタスクが完了したら」を選択します。
      入力内容を確認し、「次へ」を選択します。

4.API設定を行います。トリガーの起動間隔は「5分」を選択し、ワークスペースID、プロジェクトIDを候補より選択します。
      入力後、「テスト」を選択し、テストが成功したら「保存する」を選択します。

STEP3 Chatworkへ通知するアクションを設定

1.先ほど追加したアプリトリガーの下の「+」マークを選択します。

2.オペレーションの選択では、「アプリと連携する」を選択します。

3.Chatworkへタスク完了通知を行うため、「Chatwork」を選択します。

4.連携アカウントを選択します。アカウントが表示されていない場合は、「連携アカウントを追加」を選択してください。
      アクションは「メッセージを送る」を選択し、「次へ」を選択します。

5.API設定を行います。
   「ルームID」を候補より選択し、メッセージ内容を入力します。
      メッセージ内容には、前のアプリトリガーでAsanaより取得したアウトプットを設定することも可能です。
      入力内容を確認し、「テスト」を選択します。テストが成功したら、「保存する」を選択します。

6.最後に、トリガーを「ON」にして完了です。

AsanaとChatworkの連携フロー応用編

Asanaでタスクが完了した場合にChatworkへ通知するフローをご紹介しました。
Yoomをご利用いただくと、他にもこのような連携が可能となります。

■Outlookにメールが届いたら、Asanaにメール内容をタスク追加し、Chatworkへ通知する

アプリトリガー:Outlookでメールを受信

Asanaと連携(アプリ連携):タスクを追加

Chatworkと連携(アプリ連携):Chatworkへ通知

■Asanaで期日が過ぎたタスクをChatworkへ通知
スケジュールトリガー:毎日10時に起動

Asanaと連携(アプリ連携):Asanaより期日が過ぎたタスクを取得

ChatGPTと連携(アプリ連携):通知用のメッセージを作成

Chatworkと連携(アプリ連携):Chatworkへ通知

通知先を特定のメンバーやルームに設定したり、特定のメールを受信した場合にタスク追加したりと、ご自身の業務環境に合わせた多様な設定が可能です!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

AsanaとChatworkをYoomで連携することで、両方のツールを行き来することなく、シームレスな連携が実現します。
チーム全体が最新の情報をリアルタイムに共有でき、情報の取りこぼしを防ぐことで、タスク管理がとても楽になります。
リマインダーや重要な更新の通知をChatworkで受け取ることで、迅速な対応が可能となり、プロジェクトの効率も大幅にアップします。
コミュニケーションの観点でも、プロジェクト管理の観点でも、たくさんのメリットがありますね!

Asanaなどのプロジェクト管理ツールやChatworkなどのコミュニケーションツールを使用している方は、ぜひYoomをご利用いただき、より効果的なプロジェクト運営を実現してください!

この記事を書いた人
m.sekiguchi
Yoomを通じて、業務効率アップのヒントを日々勉強中です。 北の大地より、お役立ち情報を発信していきます。
タグ
自動化
連携
Asana
自動
Chatwork
通知
タスク管理
関連アプリ
お役立ち資料
Yoomがわかる!資料3点セット
資料ダウンロード
3分でわかる!Yoomサービス紹介資料
資料ダウンロード
Before Afterでわかる!Yoom導入事例集
資料ダウンロード
お役立ち資料一覧を見る
会社概要
利用規約(JaEn
プライバシーポリシー(JaEn
セキュリティポリシー(JaEn
特定商取引法に基づく表記
©️ Yoom Inc.