2024/07/05
アプリ同士の連携方法

NotionとTrelloを連携して情報同期を自動化!

y.matsumoto

目次

NotionとTrelloを連携するメリット

NotionとTrelloを連携することで、さまざまな業務を自動化でき、あらゆるメリットを享受することができます。
2つのアプリを連携することで、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう!

●その1.情報の一元管理

複数のツールや場所で情報が管理をしていると見落としや重複が発生し、進捗状況の把握が難しくなります。
TrelloとNotionを連携することで、すべてのタスクを一つの場所で確認でき、最新の情報を常に共有できるため進捗状況の把握が容易になります。

●その2.チームワークの向上

タスク管理と情報共有が別々のツールで行っていると、チーム内のコミュニケーションが断片化し、情報の共有と更新が遅れます。
TrelloとNotionを連携することで、全員が同じ情報にアクセスできるため、共同作業が効率化されます。

●その3.作業効率の向上

手動作業は効率が悪くミスが発生しやすくなります。
TrelloとNotionを連携することで、タスクが自動的に作成・更新することができたり、定型業務を自動化できるため、効率的に作業を進められます。

NotionとTrelloを連携するとできる業務自動化例

2つのアプリを連携することでさまざまなメリットがありますね!
では、2つのアプリの連携でどのような業務を自動化することができるようになるのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

●例1. タスク管理

Notionで新しいプロジェクトページが作成された際に、Trelloで関連するタスクボードとカードを自動で生成することができます。
また、プロジェクトの進行状況を更新すると、Trelloのステータスも自動的に更新することができます。

●例2. プロジェクト管理

Notionで特定のプロジェクトテンプレートが使用されると、Trelloで対応するタスクテンプレートを自動的に作成することができます。

●例3. コミュニケーションの改善

Notionで重要な更新が行われた際に、Trelloでメンバーに通知を自動送信することができます。

ノーコードツールYoomで簡単にNotionとTrelloを連携

NotionとTrelloを連携することで、さまざまな業務を自動化することができますね。
そんな便利なアプリの連携フローですが、実はYoomでなら特別な知識や技術が無くても簡単に作成することができます!
実際のフローを見ていきましょう。

Yoomで「Notion」と「Trello」を連携するフローを細かく紹介していきます!手順通りに作成すれば、簡単に作成できますよ。

はじめる前に

まず、Yoomアカウントをお持ちでない方は、Yoomのアカウント発行ページからアカウントを発行してください。30秒で始められます!
また、Yoomの基本的な操作は、初めてのYoomを参照してください。

ステップ1:マイアプリ連携

1.まずはYoomにログインし、左欄にある「マイアプリ」を選択します。
2.「+新規接続」を選択してください。  
3.今回使用する「Notion」と「Trello」を選択し、アプリを連携して下さい。
4.左欄のプロジェクト一覧から任意のプロジェクトを選択し、「+新規作成」を選択します。  
5.任意のタイトルを入力してください。 

ステップ2:トリガーを設定

6.画像のように、「特定のアプリイベントを受信したとき」を選択します。
7.アプリ一覧から「Notion」を選択します。

8.連携アカウントとアクション
 アプリトリガーのタイトル:今回は「データベースに新しい項目が作成されたら」と設定します。任意設定でOKです。
 Notionと連携するアカウント情報:適切なアカウントを選択してください。
 トリガーアクション:「ページが作成または更新されたら」を選択します。  
9.アプリトリガーのAPI接続設定
 トリガーの起動間隔:任意設定でOKです。  
10.テスト後、「保存する」をクリックしてください。  

ステップ3:アクションを設定

11.先ほど作成したアプリトリガーの下にある「+」ボタンをクリックします。
12.「アプリと連携する」を選択します。
13.アプリ一覧から「Trello」を選択します。  

14.連携アカウントとアクションを選択
 タイトル:今回は「カードを作成する」と設定します。任意設定でOKです。
 Trelloと連携するアカウント情報:適切なアカウントを選択してください。
 アクション:「新しいカードを作成」を選択します。

15.API接続設定
 キー:任意設定でOKです。
 トークン:任意設定でOKです。
 ボードID:任意設定でOKです。
 リストID:任意設定でOKです。
 タイトル:アウトプットの中の「データベースに新しい項目が作成されたら」をクリックし「タイトル」を選択します。
 位置情報:任意設定でOKです。
 期日:任意設定でOKです。(未設定でもOKです!)
 メンバーID:任意設定でOKです。(未設定でもOKです!)
 ラベルID:任意設定でOKです。(未設定でもOKです!)
 説明:任意設定でOKです。(未設定でもOKです!)
16.テストを行い、成功したら「保存する」をクリックしてください。
お疲れ様です!これで「Notionのデータベースにアイテムが追加されたら、Trelloにカードを作成する」フローの完成です!!

NotionとTrelloの連携フロー応用編

「Notionのデータベースにアイテムが追加されたら、Trelloにカードを作成する方法 」の作成方法は分かりましたでしょうか?
今回作成したフロー以外にも、Yoomでなら、さまざまな便利なフローを作成することができます!
ぜひ試してみてくださいね!  

●Googleフォームの回答をNotionのデータベースに登録

●Trelloにカードが作成されたら、kintoneのデータベースにレコードを追加する

まとめ

NotionとTrelloを連携させ、便利なフローボットを作成する方法をご紹介しました!とっても便利なので、ぜひ、実際の業務に役立ててみてください!

この記事を書いた人
y.matsumoto
座右の銘は「一期一会」 このブログを読んでいただいたのも、一期一会の巡り合いだと思います。 出会えてよかったと思える、皆様にお役立ちできるブログを提供していきます!
タグ
自動化
連携
Notion
Trello
関連アプリ
お役立ち資料
Yoomがわかる!資料3点セット
資料ダウンロード
3分でわかる!Yoomサービス紹介資料
資料ダウンロード
Before Afterでわかる!Yoom導入事例集
資料ダウンロード
お役立ち資料一覧を見る
会社概要
利用規約(JaEn
プライバシーポリシー(JaEn
セキュリティポリシー(JaEn
特定商取引法に基づく表記
©️ Yoom Inc.