2024/7/9
アプリ同士の連携方法

NotionとSlackを連携して業務効率をアップさせる方法をご紹介!

s.ougitani

目次

SlackとNotionを連携するメリット

メリット1: 情報の一元管理

異なるアプリをわざわざ確認することなく、情報を入手できるようになります。
「Notionのタスクが更新されたら、自動的にSlackに通知がくる」ように設定をしていれば、Notionを開ける手間が省けます。
またすぐに通知がくるので、最新の情報がいつでも確認できるようになります。
通常使用しているチャットアプリに通知がくれば、情報を見落としたりするミスもなくなり、業務の効率化を図れます!

メリット2: タスク管理の効率化

Notionを使用してタスク管理を行っていた場合、連携ができていれば、タスクが更新・追加がされるとSlackへ情報が通知されます。
メンバー全体でチーム状況を把握することができ、情報の可視化ができるので、より効果的なタスク管理が可能になります。

メリット3: コミュニケーションの強化

Notionでプロジェクト管理をしていた場合、NotionとSlackを連携させていれば、プロジェクトの進み具合がSlackに通知がきます。
例えば、入力された情報にミスがあった時には、すぐに修正を指示することもできるようになります。
チームでの連携も取りやすくなり、コミュニケーションが円滑になることで、業務も効率的に行えるようになります。

SlackとNotion連携の自動化例

1.SlackからNotionへの自動化例

議事録などのファイルがSlackへ投稿されたら、Notionにも追加するという事ができればとても便利です。ファイルの情報を手作業で、処理する時間をなくすことができます。
連携させることにより、情報を一つにまとめることができるので、情報共有が簡単に行えるようになります。

2.NotionからSlackへの自動化例

Notionでマニュアル管理を行なっていた場合、マニュアルに変更や追加があれば、Slackへ通知がくるように設定をします。
更新や追加があればすぐに通知がくるので、Notionの情報が更新されてる事に気づかなかった、という状況をなくすことができ、Notionを更新した人も手入力でSlack通知する事なく、情報共有を行う事ができようになります。

連携ができていれば、より強固なコミュニケーションを図ることができるようになります。

Yoom を使ってNotionとSlackを連携させる方法を紹介

Yoomの登録はこちらです。30秒程で簡単に登録できます!
今回は「Notionでページが作成または更新されたらSlackに通知する」というフローを、実際の画面を参考にご紹介していきます。

SlackとNotionの連携フローの作り方

ステップ1:マイアプリ登録

1.Notionを連携する

・左側に表示されているマイアプリ→新規接続→Notionの順番で進めていきます。
・アクセスをリクエストする画面で、ページを選択するをクリックします。

・接続したい項目を選択してアクセスを許可するをクリックしましょう。


2.Slackを連携する

・先程のSlack連携と同様にマイアプリ→新規接続→ Slackの順番で進めましょう。
・ Slackを選択したら、アクセス制限の画面ができます。スクロールすると「投稿先はどちらにしますか?」の項目が出てくるので、投稿したいチャンネルを選び許可をクリックします。

以上でマイアプリ登録が完了しました!

ステップ2:Slackのアプリトリガーを設定

1.プロジェクトから作成

・画面左に表示されているプロジェクト一覧から、フローボットを作成したいプロジェクト選びましょう。
・新規作成をクリックします。
・はじめから作成するを選択してください。

2.タイトル入力とトリガーを選択

・タイトルは任意のもので大丈夫ですが、フローの流れを記載しておくと、後で見返した時や誰が見てもわかるのでおすすめです。
・トリガー選択は特定のアプリイベントを受信した時をクリックして、Notionを選択しましょう。

3.連携アカウントとアクションを選択の設定

・アプリトリガーのタイトルもフローがわかりやすいように記載しましょう。
・Notionと連携するアカウント情報に誤りがないか、接続したいアカウントと連携されているか確認します。
・トリガーアクションは「ページが作成または更新されたら」を選択しましょう。

4.アプリトリガーのAPI接続設定

・トリガー起動間隔を設定します。
・ここではトリガーの起動間隔を「5分」と設定しています。
※起動間隔で選択できる時間はプランによって異なります。
・テストをするとNotionの情報が、アウトプットとして取得できたら保存します。
・アウトプットに関して、「取得した値:アウトプット」のデフォルトの項目に含まれていない項目を追加したい場合はこちらの記事を参考にしてください。
・アウトプット追加したい場合は「取得する値を追加」から選択ができるようになります。

ステップ3:Slackの連携とアクション設定

1.+ボタンを押してオペレーション設定

・オペレーションタイプの選択でアプリと連携するを選択して、Slackをクリックしましょう。

2.連携アカウントとアクションを選択

・タイトルは先程と同様にフローがわかりやすいように記載しています。
・Slackと連携するアカウント情報では連携したいアカウントで間違いがないか確認します。
・アクションはチャンネルにメッセージを送るを選択しましょう。

3.API接続設定

・通知したいチャンネルIDを選択します。
・メッセージは、Notionで取得してきた情報をアウトプットとして埋め込みます。

以上でフローボットの完成です!お疲れ様でした!

SlackとNotionの連携フロー応用編

今回ご紹介したフロー以外にも、 Yoomと連携させることで様々なフローボットの作成が可能になります!
簡単にアレンジや変更ができるので、業務内容に合わせたフローを作る事ができます。
応用編では「AI機能を用いて、記事データをOCRで文字抽出し、要約した内容をNotionへ追加する」といった複雑なフローも、難しい知識は不要で簡単に設定ができるようになります!
※AIオペレーションはチームプラン・サクセスプランでのみご利用いただける機能(オペレーション)となっております。
フリープラン・ミニプランの場合は設定しているフローボットのオペレーションはエラーとなりますので、ご注意ください。
※チームプランやサクセスプランなどの有料プランは、2週間の無料トライアルを行うことが可能です。
無料トライアル中には制限対象のアプリやAI機能(オペレーション)を使用することができます。

まとめ

「NotionとSlackを連携させて業務効率アップさせる方法」についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?
連携することにより、情報管理を一元化でき、チーム全体が常に新しい情報を入手できる環境を作ることができます。
チームで情報共有がしやすくなると、コミュニケーションが活発になり、業務遂行を円滑に進めることができるようになります。
Yoomのマイアプリ連携を活用すれば、プログラミングなど難しい知識は必要なく連携する事ができます。
また、状況に合ったフローボットを誰でも簡単に作成できるので、よりスムーズに業務効率を上げることができるようになります!
Yoomでは多数のアプリと連携が可能です。
是非この機会にYoomで業務の効率アップを目指しませんか?

この記事を書いた人
s.ougitani
Yoomでブログ作成を担当しています。仕事も家事も育児も作業効率UPを目指して頑張ってます。 皆さんの事務作業が効率UPにつながるように、情報を発信していきたいです。
タグ
自動化
連携
関連アプリ
お役立ち資料
Yoomがわかる!資料3点セット
資料ダウンロード
3分でわかる!Yoomサービス紹介資料
資料ダウンロード
Before Afterでわかる!Yoom導入事例集
資料ダウンロード
お役立ち資料一覧を見る
会社概要
利用規約(JaEn
プライバシーポリシー(JaEn
セキュリティポリシー(JaEn
特定商取引法に基づく表記
©️ Yoom Inc.