2024/07/10
アプリ同士の連携方法

【ノーコードでデータ管理を効率化!】NotionとOneDriveでデータ管理を強化しましょう!

m.wadazumi

目次

毎日の業務が立て込んでいると、「あのデータってどこに保存したっけ?」と分からなくなるときがありますよね。
こういったことをサラッと解決してくれるのがYoomです。
普段からよく利用するアプリが決まっているなら、アプリを自動化させて負担を減らしましょう。
本記事では、「Notionのデータベースにページが作成されたら、OneDriveにフォルダを作成する方法」をご紹介します。

NotionとOneDriveを連携するメリットと自動化例

NotionとOneDriveを連携するメリット

1.データを集中的に管理できる
NotionとOneDriveを連携させるメリット1つ目は、データを集中的に管理できる点です。
たとえば、OneDriveで保存されているファイルURLをNotionに共有できます。
リンクを共有することで、チームメンバーは常に最新の情報を得られます。
また、URLをチーム内で共有しておくとファイルを紛失する心配もありません。

2.フォルダの作成が容易になる
NotionとOneDriveを連携させるメリット2つ目は、フォルダの作成が容易になる点です。
たとえば、Notion内のテキスト情報を用いて、OneDriveでフォルダを作成できます。
これにより、フォルダの作成や管理の負担が減少します。
また、他部署のメンバーでも扱いやすいフォルダの整理が可能です。

自動化の例: 双方向の連携

1.NotionからOneDriveへの自動化例
Notion→OneDriveの自動化例としては、Notionのページが作成された際にOneDrive側にその情報を用いて、新たにフォルダを作成するといったことが挙げられます。
これにより、Notionで作成された内容と同じテキスト内容でフォルダを生成できるので手動管理の手間やタイトル不備による管理のしにくさから開放されます!

2.OneDriveからNotionへの自動化例
OneDrive→Notionの自動化例としては、OneDriveに格納されたファイルを文字起こししてNotionに追加するといったことが挙げられます。
これにより、OneDrive内に格納されたMtgの音声データなどを手作業で文字起こしする必要がなくなるため、作業効率が格段に向上します!
チーム内でのデータの共有が素早くなるので、プロジェクトの進行がスムーズに行えるはずです。

‍NotionとOneDriveの連携フローの作り方

さっそくNotionとOneDriveのアプリを連携させていきましょう。
これらのアプリ連携に便利なのがYoomというアプリです。
Yoomではノーコードでアプリ連携ができるため、誰でも簡単にご利用いただけます。
煩わしい操作は一切ありませんので、安心してくださいね。
それでは今回は、「Notionのデータベースにページが作成されたら、OneDriveにフォルダを作成する」フローをご紹介します。

Yoomのアカウントをお持ちの方は、Yoomにログインしてください。
Yoomのアカウントをお持ちでない方は、こちらから新規に発行します。

NotionとOneDriveのアカウントをYoomと接続する方法

まずは、YoomとNotion、OneDriveのアプリを連携させるマイアプリ登録を行っていきましょう。
Notionのマイアプリ登録から行います。
Yoomにログインし、左側にある「マイアプリ」を選択し、「新規接続」をクリックします。
Notionを「アプリ名で検索」から探すか、その下にある一覧から探してください。

「Yoomが〇〇さんのNotionへのアクセスをリクエストしています」と表示されたら、青ボタン「ページを選択する」をクリックします。

許可するページにチェックを入れ、青ボタン「アクセスを許可する」をクリックしましょう。

次に、OneDriveのアプリ連携を行います。
Notionのマイアプリ登録と同様に、OneDriveを選択してください。
以下の画面に移行したら、サインインをします。

マイアプリ欄を確認し、NotionとOneDriveが表示されていれば問題ありません。
こちらで、YoomとNotion、OneDriveのアプリ連携が完了しました。

Notionのデータベースにページが作成されたら、OneDriveにフォルダを作成する方法

今回は、「Notionのデータベースにページが作成されたら、OneDriveにフォルダを作成する」といったフローを作成します。
以下の2ステップで作成可能なので、一緒に作成していきましょう。

  1. Notionのデータベースにページが作成されたら起動するアプリトリガーの設定
  2. OneDriveにフォルダを作成するアクションの設定

画面左側にある「プロジェクト一覧」の中からプロジェクトを選択します。
プロジェクトを新規に作成される方は、「プロジェクト一覧」の横にある「+」で作成しましょう。
完了したらフローを作成するので、右上にある「新規作成」→「はじめから作成」で始めます。

「タイトル」、「説明」はお好みで入力してください。
起動するフローボットの条件は、「特定のアプリイベントを受信したとき」にします。
「アプリを選択」画面に移行したら、Notionを選択してください。

「アプリトリガー」のタイトルをお好みで入力し、「トリガーアクション」を「ページが作成または更新されたら」にします。

「トリガーの起動時間」を「5分」→「テスト」→「テスト成功」となれば、「保存」してください。

次に、OneDriveにフォルダを作成するアクションの設定をしていきましょう。
先ほど作成したNotionのアプリトリガー下にある「+」から作成します。
「オペレーションタイプの選択」に移行したら、「アプリと連携する」をクリックし、OneDriveを選択します。

タイトルはお好みで入力し、「アクション」を「フォルダを作成」にします。

「ドライブID」、「親フォルダのアイテムID」を候補から選択してください。
※親フォルダのアイテムIDの候補の表示順は最終更新日が新しいものから表示されます。もし該当のフォルダが候補に表示されない場合、フォルダ名を一度変更するなど、フォルダ情報の更新を行なってください。
「親フォルダ名」は親フォルダのアイテムIDに指定した親フォルダの名前を記載します。
「フォルダ名」は新しく作成するフォルダ名を指定してください。
これらの入力が完了したら、「テスト」→「テスト成功」→「保存」をします。

アプリトリガーを忘れずに「ON」にしたら、全工程が完了です。

NotionとOneDriveの連携フロー応用編

今回は、「Notionにページが作成」→「OneDriveにフォルダ作成」といったフローをご紹介しました。
応用編ではNotionとOneDriveを使用して、アクションを増やしてみました。
ご紹介するフローボットテンプレートは、以下の通りです。

Yoom内にあるChrome拡張機能トリガーを利用します。
こちらのテンプレートは、以下のようなフローで自動化が可能です

  1. Chrome拡張機能でデータベース上でページを選択して起動
  2. Notionでページのプロパティ情報を取得
  3. OneDriveのフォルダを作成
  4. フォルダURLをNotionに登録

このテンプレートを利用すると、Notionデータベースのプロパティの情報を基に、フォルダ名を作成できるため、従業員ごとや顧客ごとでフォルダを自動的に作成できます。
そして、NotionのデータベースにOneDriveのフォルダURLを格納しておけば、作成したフォルダをNotionのデータベースからアクセスすることが可能です。
これにより、フォルダ分けがしやすくなり、アプリ間の行き来が少なくなります。
よって、効率よく業務に取り組むことができるという点も大きなメリットです。

まとめ

今回は、「Notionのデータベースにページが作成されたら、OneDriveにフォルダを作成する」フローをご紹介しました。
NotionとOneDriveを連携することによって、データ管理やストレージの管理がしやすくなります。
普段からNotionとOneDriveの利用頻度が高いなら、Yoomでアプリ連携するのがオススメです。
効率だけでなく利便性も高くなるので、今以上に生産性の向上も期待できます。

Yoomでは2週間の無料体験を実施しているので、興味があれば体験してみてくださいね!

この記事を書いた人
m.wadazumi
Yoomのブログ執筆を通して、Yoomの魅力を発信していきたいと思います。 みなさまのお役に立てるよう、サポートしていきます。
タグ
自動化
連携
Notion
関連アプリ
お役立ち資料
Yoomがわかる!資料3点セット
資料ダウンロード
3分でわかる!Yoomサービス紹介資料
資料ダウンロード
Before Afterでわかる!Yoom導入事例集
資料ダウンロード
お役立ち資料一覧を見る
会社概要
利用規約(JaEn
プライバシーポリシー(JaEn
セキュリティポリシー(JaEn
特定商取引法に基づく表記
©️ Yoom Inc.