フォーム回答があったら、ChatGPTを使って回答種別を分け、kintoneのレコードに追加する

■概要

フォーム回答が行われたら、ChatGPTを使い回答内容の種別を切り分け、kintoneのレコードに追加するフローです。

■このテンプレートをおすすめする方

1.AI技術を活用して、手入力の作業を減らしたいと考えている方

 ・ChatGPTを利用して情報検索やデータ分析などの手間を省力したい方

 ・ワークフローの自動化に関心がある事務職の統括責任者

2.手入力の作業を減らし、自動化したいと考えている方

 ・業務自動化を目指している中小企業の経営者

 ・データの正確性を高めたい事務職員

■このテンプレートを使うメリット

・フォーム回答が行われたら、ChatGPTが種別ごとにkintoneのレコードに登録するため、手作業の手間を省き業務を効率化することができます。

・フォーム回答の内容に合わせた判別とデータの蓄積を一元化することができます。

■注意事項

・ChatGPT、kintoneのそれぞれとYoomを連携してください。

・ChatGPTやOpenAIのAPIを利用するには、別途OpenAI社へ費用が発生する可能性があります。詳細はOpenAI社の公式サイトをご確認ください。

・AIオペレーションはチームプラン・サクセスプランでのみご利用いただける機能(オペレーション)となっております。フリープラン・ミニプランの場合は設定しているフローボットのオペレーションはエラーとなりますので、ご注意ください。

・チームプランやサクセスプランなどの有料プランは、2週間の無料トライアルを行うことが可能です。無料トライアル中には制限対象のアプリやAI機能(オペレーション)を使用することができます。

資料請求・デモ申込は
こちら
ChatGPT
を利用したその他のフローボットテンプレート
その他のフローボットテンプレート
会社概要
利用規約(JaEn
プライバシーポリシー(JaEn
セキュリティポリシー(JaEn
特定商取引法に基づく表記
©️ Yoom Inc.