Salesforceに取引先が登録されたらOneDriveにフォルダを作成する

■概要

Salesforceの取引先オブジェクトにレコードが登録されたら、自動的にOneDriveにフォルダを作成し、フォルダのURLをSalesforceに追加するフローです。

■このテンプレートをおすすめする方

1.顧客データや取引先情報を頻繁に管理する必要がある方

  • 営業担当者や営業マネージャー
  • カスタマーサポート担当者やアカウントマネージャー
  • ビジネスオーナーや事業開発担当者

2.手動でのフォルダ作成やリンクの登録作業を減らし、自動化したいと考えている方

  • 業務の自動化や効率化を目指している中小企業の経営者
  • 顧客データの整理・保管を効率的に行いたい担当者

3.SalesforceとOneDriveを日常的に活用している方

  • Salesforceを使用して顧客管理や営業活動を行っている営業チーム
  • OneDriveを活用してデータの保存や共有を行っている担当者

■このテンプレートを使うメリット

・Salesforce上の取引先情報とOneDrive上の関連するフォルダが自動的に連携されるため、チームメンバーは簡単に関連する情報を参照できます。

・情報の漏れや重複を防ぎ、業務プロセスがスムーズに進行します。

注意事項

・Salesforce、OneDriveそれぞれとYoomを連携してください。

・Salesforceはチームプラン・サクセスプランでのみご利用いただけるアプリとなっております。フリープラン・ミニプランの場合は設定しているフローボットのオペレーションやデータコネクトはエラーとなりますので、ご注意ください。

・チームプランやサクセスプランなどの有料プランは、2週間の無料トライアルを行うことが可能です。無料トライアル中には制限対象のアプリを使用することができます。

資料請求・デモ申込は
こちら
Salesforce
を利用したその他のフローボットテンプレート
その他のフローボットテンプレート
会社概要
利用規約(JaEn
プライバシーポリシー(JaEn
セキュリティポリシー(JaEn
特定商取引法に基づく表記
©️ Yoom Inc.